生命保険の選び方<<正しいシュミレーション>>

aa

生命保険・死亡保険は「いつまで」「いくら」
の保障に入ればいいのか分からない、悩んでいる人は多いです。


簡単に言いますと、自分が死亡した際にいくら遺族に残したいか、
これが生命保険のポイントです。
家族のためなので、不必要に多く残す必要はありません。
多く残すとすると毎月の振込が大変になるからです。


「いつまで必要か」の保障期間については、
子供が独立するまでで良い場合が多いです。
終身保険のように一生涯の保障はいらない場合が多いです。

基本的には、遺族の必要保障額に合わせて保障額がだんだん減って行く
「収入保障保険」や「逓減定期保険」がおすすめです。
人気の生命保険です。

死亡保険が必要な期間は限られています。
社会人になったばかりの人が、
「今入れば保険料が安く済む」
「貯蓄代わりにもなる」というふうに生命保険会社の職員から売り込みされます。

新入社員はお金を残すべき人がいないから
生命保険に入るのが賢明とは言えません。
もし入るならば、独身の間は入院保障に入れば十分です。


結婚したからといって、すぐに死亡保険に入ることが必要とも言えません。
共働き夫婦で、まだ子供がないならば、ご主人の死亡保険は不要です。
万一、夫が亡くなっても、結局自分で働くからです。


子供が生まれてはじめて、その子が独立するまでの間、
保障が必要になるのです。
子供が成人するまでの間、生命保険が必要な家庭が多いのです。


その子供のための保険、養育費もだんだん減って行く
収入保障保険か逓減定期保険で事足りるのです。

ところで、生まれた子供に保険をかける人が多いです。
子供に保険は必要なのでしょうか?

子供に死亡保険・医療保険をかける必要はないと考えます。
最近は医療費を自治体が負担してくれることが多いです。
入院費用がかからないということです。
例えば、千葉県ですと、中学校卒業まで医療費が県から出ます。


これとは別に、子供の将来の教育費に備える「学資保険」があります。
保険会社が、とくにお年寄りをターゲットにしています。
”お孫さんの将来の学費を用意してあげましょう。”と言うのが
セールストークです。


学資保険は、ベースとなっているのは父親の死亡に対する養老保険です。
保険料としては死亡保険の部分と満期金(貯蓄)の対しての保険です。
一応、学資保険の返戻率110%くらいの商品もありますが、
絶対に必要とは言えません。
用途に応じて加入するのが良いでしょう。


子供の将来の学費を用意するなら、普通に銀行で定期積立貯金をする。
子供に対しての死亡保険は不要。子供が死んだとしても
その遺族(=両親)にお金がかかるわけではありません。

医療保険も入るにしても、地方自治体の助けもあることですし
金額は考えて。
ということになります。


今の低金利時代には、貯蓄部分で何とかしようとするのは
なかなか難しいのです。